読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hatto design blog

平凡な毎日が、私をつくる。

子どもワークショップ「絵の具でTシャツ〜制作編〜」

f:id:hattodesign:20150923141029j:plain

準備が整ったら、いよいよ着彩します。

Tシャツの中に雑誌やダンボールなどを下敷き代わりに入れてください。
アクリル絵の具は洗ってもとれないので、汚れてもいい服装で。
テーブルもチラシなどで保護しましょう。危険だと思ったら、床にもシートなど敷いて。
ウチの子どもたちが肌着姿なのは気にしないでください…。

絵の具をパレットにとります。
アクリル絵の具は乾燥が早いので、使う色を使う分だけ出しましょう。
混色する場合、同じ色を作るのは難しいので、多めに作っておいた方がいいです。
エアコンなど空調の効いたところで作業すると特に乾きが早くなるので、できるだけ絵の具がムダにならないように。
休憩など離席する場合は、パレットにラップをかけて絵の具を保護してください。

f:id:hattodesign:20150923152048j:plain

Tシャツの好きな位置に好きな型を置き、好きな色で着彩します。
花は赤色、木は緑色、葉っぱは茶色…とかは気にせず、思いつくまま、自由に!

f:id:hattodesign:20150923152056j:plain

クリアファイルをはがすと、くり抜いた型の部分だけに色がついています。
両面テープがTシャツにひっつくので、大人がしっかりおさえてあげてください。

f:id:hattodesign:20150923152105j:plain

絵の具は水で溶くとのびはよくなりますが、発色は薄くなってしまいます。
リキテックスソフトタイプはやわらかいので、チューブから出してそのまま使います。
絵の具は少量ずつ筆やスポンジにとり、一ヶ所にかたまらないよう広げます。
子どもはドバッとのせてしまいがちなので、大人がしっかり見てあげてください。
あまり厚く絵の具をのせると、乾いた時にガビガビに固まってヒビ割れが出やすくなります。

f:id:hattodesign:20150923152110j:plain

同じ作業を繰り返していきます。

f:id:hattodesign:20150923152115j:plain

両面テープを全面に貼ってしまったため、粘着力が強すぎてクリアファイルが破れてしまいました…でででも、ちゃんと使えてますから!

f:id:hattodesign:20150923152119j:plain

アクリル絵の具は乾くと耐水性になるので、上からほかの色を重ねることもできます。
乾いていない部分は色が混ざってしまうので、様子を見ながら進めてあげてください。
いろんな色でグラデーションにしてもおもしろいです。

f:id:hattodesign:20150923152123j:plain

f:id:hattodesign:20150923152127j:plain

ほかのパーツもどんどん塗っていきましょう。
慣れてきたら、クリアファイルを何枚か配置してから塗ると作業効率が上がります。

f:id:hattodesign:20150923152131j:plain

さー、頑張れよー。

f:id:hattodesign:20150923152134j:plain

できあがり。
文字の部分は100均のステンシルシートで。スタンプでもできます。

おつかれさまでしたー。
着彩後は完全乾燥まで72時間放置します。
仕上げに当て布をしてからアイロンをかけて定着させてください。
繰り返し洗濯すると薄くはなりますが、いきなり色落ちすることはありません。

絵の具にふれる楽しさ、自由な発想で作る楽しさを知ってもらえると嬉しいな◯